「銀魂」銀時と土方の関係は喧嘩ばっかりだけど仲良しな件

「銀魂」銀時と土方

公式サイト:アニメ銀魂

ついに最終回を迎え、完結した「銀魂」。

二度目の最終回という事で今度こそお別れかと思いきや、先日完全新作として劇場版アニメの制作が決定したことが発表されました。

現時点では内容も誰が登場するのかもすべてが未定だということで、この適当な感じが「銀魂」らしくて良いですよね。

終盤に向かうにつれてギャグパートも減りましたし、キャラクター同士の微笑ましいやり取りも減っていきましたが、そんな今だからこそ私は銀さんこと坂田銀時と土方十四郎のコンビを推していきたいのです。

「銀魂」の大人気コンビ銀時と土方

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

銀さん、土方さん共に177cmなのに対して体重は銀さん65kg、土方さん64kgと若干土方さんの方が軽いところにナゾに萌える。 #銀魂#銀さん#土方さん#銀土#推しが尊い#イケメン過ぎ#

侍魂さん(@yukasan1011)がシェアした投稿 –

銀時と土方のコンビは連載当初から大人気のコンビの一つです。

銀時はさすが主人公なだけあって、今では相棒やライバル候補がたくさんいますよね。

しかし、土方とのコンビがやっぱり一番好きだという方は多いです。

銀時も土方も、銀魂に登場する男性キャラクターの中でもかなりのイケメンなので隣に並ぶだけでも絵になりますし、何よりも仲が悪いようで実は仲が良いとしか思えないような息ぴったりなやり取りや、いざという時には協力し合って肩を並べたり背中を預け合って戦う姿もたまらないですよね。

銀魂の名コンビといえばと聞かれたら、この二人を一番に思い浮かべる方も多いと思います。

公式でも銀時と土方は大人気コンビでファンからのウケがいいからか、アニメでは上半身裸の銀時と土方のちょっと意味深で衝撃的なイラストが登場したこともあります。

 

「銀魂」銀時と土方の関係の魅力5選!二人のここが可愛い!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

・ ・ ・この話好き ・ ・銀土はもっと好き♡ ・ ・ #銀魂 #銀土

えまザベス🤟さん(@ema_zazabes)がシェアした投稿 –

それでは、私が連載開始当初から推し続けてきた坂田銀時・土方十四郎のコンビの魅力を5つに絞ってまとめてみたいと思います。

二人の可愛さについて再確認していきましょう。

 

1. 銀時と土方のコンビといえば喧嘩

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ふと投稿したくなったので大好きなシーンを💗💗 リクエストは時間かかるけど、必ず全てやらせてもらいます!申し訳ありませんがお待ち下さい😭🙇🏻‍♀️💦 ・ ・ ・ ・ この回はほんとに神回でしかない😂 前髪パッツン土方とか最高すぎたしこの組み合わせ大好き💕💕 この回は見るたび声だして笑うよね👍 ・ ・ ・ #銀魂#gintama#坂田銀時#銀時#gintoki#sakatagintoki#新八#志村新八#ぱっつぁん#shimurashinpachi#shinpachi#神楽#kagura#万事屋#yorozuya#土方#土方十四郎#hijikata#toshirohijikata#hijikatatoshiro#銀土

gintamaさん(@yorozuya__shinpachi)がシェアした投稿 –

銀時と土方の関係を語るうえで外せないのは、やはり喧嘩ですよね。

二人は似ている部分も多いからか顔を合わせるとかなりの確率で言い争いが始まります。

そして、だいたいは土方が折れることによって喧嘩が収まっている気がしますね。

銀時は万事屋のリーダーとして、土方は真選組の副長として、二人とも形は違えど部下の面倒を見ているという共通点も胸キュンポイントです。

桜の花見での回では、ほろ酔いになった銀時と土方が、「うちの神楽は」「うちの総悟は」とまるで父親のように自慢していた姿はとても可愛かったですね。

二人の言い争いはファンにとってはお馴染みの展開なので、見慣れてくるともはや犬同士がじゃれ合う微笑ましい喧嘩を見守るような気分になってきます。

たまに喧嘩がこじれて険悪ムードになってしまったとしても、この二人ならば絶対に仲直りできると確信しているので、あまり心配せずに見ていられますね。

喧嘩の描写が群を抜いて多い二人なのにも関わらず、ファンにここまで銀時と土方は仲が良いと認識されているのが、このコンビのすごいところです。

 

2. すぐに子どもっぽい意地の張り合いをする

銀時と土方の二人は、お互いに20代後半というそこそこいい大人ですし、黙っていればクールな容姿のイケメン。

しかも、177㎝という高身長なので黙っていればめちゃめちゃかっこいいです。

しかし、それと似つかわしくない言い争いや意地の張り合いをする二人の姿はまるで子どものよう。

そしてこれがまたギャップがあって可愛いとして、女性ファンのハートをわし掴みにしているのです。

二人ともかなりの意地っ張りな性格なので、「こんな奴に負けたくない」という理由だけで脱水寸前までサウナで勝負をしていたこともあります。

しかも、お互いがお互いに罠にはめようとするので、相手を先にサウナから出すために最後は白熱した戦いになっていました。

「何のためにそこまで無駄なことを…」と見ていた誰もが思ったと思いますが、「無駄」なんて言ったらまた言い争いが始まってしまうので言わないであげましょう。

どんな些細なことでも真剣に勝負をする二人が可愛くて微笑ましいです。

 

3. 土方が怒るポイントを適切に突く銀時

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

なんか、可愛い笑#銀魂 #銀魂クラスタと繋がりたい #銀魂好きと繋がりたい #土方十四郎 #推しへ愛を叫ぶためだけの垢

ゆうか🌹*.さん(@hijikata_okita)がシェアした投稿 –

銀時と土方は確かに喧嘩が多いコンビですが、よくよく考えてみるとそのほとんどのきっかけが銀時から始まっているような気がします。

土方は、銀魂の登場人物の中では普段から常識人に近い言動が多いキャラクターですが、銀時はもともとドSなので無理もないです。

たとえば、土方と出会ってすぐの頃から銀時はわざと名前を覚えていないふりをして、「えーと、多串(おおぐし)くんだっけ?」とよくとぼけては怒らせていました。

何がどうなれば「土方」が「多串」になるのかは銀時本人にしかわからないので未だに謎です。

それ以降も銀時は土方のことをからかっては怒らせていますが、ドSといえば沖田も土方に対してドSな絡みを続けています。

どうやら、土方はドSに好かれる傾向があるのかもしれないですね。

 

4. 銀時と土方は対照的な部分も共通点も多い

銀時と土方がコンビとして大人気な理由の一つとして、対照的な部分と共通点がかなり多いことが大きく関わっていると私は考えています。

ここで、銀時と土方の対照的な部分や共通点についてまとめてみました。

  • 髪色・着ている服・イメージカラーが白色(銀色)と黒色
  • 髪質はふわふわな天パと艶のあるストレート
  • アニメ版での瞳の色は赤色と青色
  • 朝の過ごし方が対照的 だらしない銀時と几帳面な土方
  • 二人とも目つきが悪いと言われることが多い
  • 身長が同じ177㎝
  • 銀時は年齢不詳なものの、おそらく同い年
  • 好きな食べ物は過剰に摂取する(銀時は甘党・土方はマヨラー)
  • 二人とも女性関係に疎い
  • 意地っ張りで負けず嫌いな性格
  • 二人とも幽霊が嫌い

など。

このように、銀時と土方は真逆なようでとても似ていることがわかります。

また、この二人は好物の餡子とマヨネーズを山盛り乗せただけのオリジナル丼ものレシピを考案しているところも共通していますね。

ちなみに、二人に定食屋で間に挟まれると言い争いに巻き込まれるうえに、「ね、おじさん」と言いながら強引に両方を食べさせられるので注意が必要です。

二人が似ている事が一番よくわかるエピソードは、アニメ1期48話(単行本では9巻の第七十五訓)の「似てる二人は喧嘩する」だと思います。

非番で休日を過ごす土方が行く先々で銀時と出くわし喧嘩をするという、このコンビが好きなファンにはたまらないお話ですね。

 

5. 喧嘩するほど仲が良いを具現化したような存在

喧嘩しまくっているわりには言動や考える事も似通っているせいか、二人の掛け合いは息もぴったりでどう見ても仲が良いとしか思えません。

普段は喧嘩ばかりしている二人ですが、いざという時は土方の為に身を挺し、土方が本気で傷つくようなことは絶対に言わない銀時には胸を打たれます。

そして土方も、銀時の実力は認めていますし、何だかんだ言いながらも銀時に信頼を寄せていることがわかります。

ここまで「喧嘩するほど仲が良い」という言葉が似合う二人もなかなかいないですよね。

 

【まとめ】「銀魂」やっぱり銀時と土方のコンビは至高

対照的かつ共通点が誰よりも多い二人。

似ているからこそ、相手が本気で傷つくことはせずに、こいつは信頼できるとお互いに密かに思っているのかもしれません。

意地っ張りな銀時と土方のことですから、奇跡が起こらない限り「信頼している」なんてお互いに絶対に伝えないのでしょう。

でも、そんなところも銀時と土方らしくて可愛いので、いつまででもこの関係を続けていてほしいですね。