新動画配信サービス「AppleTV+」が秋からスタート!Netflix・Hulu・Amazonに勝てるのか

apple-tv-plus

画像出典:Apple TV+ – Apple(日本)

米アップル社が発表した新しい動画配信サービス、「AppleTV+」

あのアップルが動画配信サービスに参入!?と期待してしまいますが、すでにNetflix、Hulu、Amazonなどが市場をガッツリ掴んでいる状態で、どうやって戦うのか気になります。

ディズニー社の「Disney+」も参入してくるし、ますます盛り上がってくる動画配信サービス業界。

アップル社の「AppleTV+」が新たな旋風を巻き起こすのか、気になるところです。

新しい動画配信サービス「AppleTV+」とは?

「AppleTV+」は、以下のようなサービスを行う予定です。

  • オリジナルのテレビ番組、映画、ドキュメンタリーなどを配信
  • 雑誌などの記事配信
  • ゲーム遊び放題

利用者に毎月定額料金を支払ってもらうことによって、アップル社の収益アップを狙ったものですね。

オリジナルなコンテンツに関しては、人気俳優を集めた豪華キャストが話題となっています。

 

「AppleTV+」はAppleTVを持っていないと使えないの?

「AppleTV+」がいくら見たくても、AppleTVを持っていなければ視聴できないんだったら意味がないですよね。

AppleTVを持っている人ばかりではないので、「AppleTV+は自分とは関係ないや」と思ってる人も多いです。

しかし、「AppleTV+」のコンテンツを視聴するための「AppleTVアプリ」は2019年5月にアップデートされて、AppleTVではもちろん、

  • iPhone
  • iPad
  • Mac
  • Amazon Fire TV、SamsungやLG、ソニーなど他社のスマートTV

などでも利用が可能になります。

日本ではiPhoneユーザーも多いので、iPhoneで「AppleTV+」を利用できるようになれば、爆発的に普及する可能性もありますね!

 

「AppleTV+」とNetflix・Hulu・Amazon・U-NEXT・dTVとの比較

しかし、アップル社が動画配信サービスに乗り込んできたとはいえ、既存の動画配信サービス社にとって脅威になるのでしょうか?

「AppleTV+」も含めて、他の動画配信サービスと比較してみました!

 

AppleTV+

まず、今回話題の米アップル社が手掛ける「AppleTV+」。2019年秋からサービス開始で、料金もその頃発表予定となっています。

「AppleTV」アプリ自体は2019年5月にリニューアルされ、iTunesStoreで購入もしくはレンタルした映画やテレビ番組も視聴可能に。

他社提供の動画も視聴可能になるとのことなので、HuluやAmazonプライム・ビデオの作品もAppleTV内で視聴できるようになります。

サービスのメインに押し出しているのは、「AppleTV+」の独自のオリジナル番組ですね。

人気俳優を集めて豪華なオリジナル番組を作るとのことですが、まだどんな作品になるかはハッキリわかっていない状態です。

一番の目玉は、スティーブン・スピルバーグ監督の新作が「AppleTV+」に登場するということ!

「世にも不思議なアメージングストーリー」のリメイク版を放送するとのことで、気になっている人も多いようですね。

ただし、スピルバーグ監督はストリーミングサービス限定のオリジナル映画に対して否定的な意見を持つ側面もあるので、どういう考えで「AppleTV+」で新作を作るのか気になるところです。

このように豪華キャストを抱えて登場した「AppleTV+」ですが、まだどんなオリジナルコンテンツなのか全く見えないのが現状で、作品の質が他の動画配信サービスより劣る可能性は否めません。

Netflixレベルの優れたオリジナルコンテンツを配信する、くらいではないと「AppleTV+」の普及は苦戦するのかもしれませんね。

 

Netflix

映画や海外ドラマが豊富なNetflix。

月額料金は、ベーシック(SD画質)800円(税抜)、スタンダード(HD画質)1,200円(税抜)、プレミアム(4K画質)1,800円(税抜)となりますが、スマホ視聴ならSDかHDで十分なので、800円から1,200円で視聴できるということになります。

Netflixの特徴は、オリジナルコンテンツの多さにありますね。

その質の高さも有名で、莫大な予算を投下して話題作を次々と作り出しています。

Netflixのオリジナルコンテンツ見たさに加入している人も増えているくらいで、そのクオリティの高さは他の動画配信サービスに比べて頭一つ抜けていますね。

「AppleTV+」がNetflixと戦うなら、このNetflixと同等かそれ以上の魅力的なオリジナルコンテンツを用意しなくてはいけないでしょう。

 

Hulu

月額933円(税抜)という安さで、全ての動画が見放題という人気動画配信サービスです。

動画をどれだけ視聴しても月額料金しかかからず、安価に済ませられるのが大きなメリットですね。

機能的にも使いやすく、人気の高い動画配信サービスです。

「AppleTV+」がHuluと戦うなら、オリジナルコンテンツの質で勝負でしょうか。Huluはそこまでオリジナルコンテンツが豊富ではないので。

ただ今のところHuluは使い勝手が非常に良く、日本のドラマもたくさんあるので、「AppleTV+じゃなくてHuluでいいや」という人も多そうです。

 

Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオというより、Amazonプライムに入会する料金になりますが、月間プラン400円(税込)、年間プラン3,900円(税込)となります。月額にするととても安いですね。

映画やドラマやアニメが見放題になっていますが、レンタルや購入しないと視聴できない作品もあるので注意が必要です。

加入しているとAmazonプライムのサービスも受けられるので、「AppleTV+」と比べるならAmazonプライム・ビデオの方がいい、となる人も多いでしょう。

 

U-NEXT

月額1,990円(税抜)と多少高いお値段設定ですが、動画見放題に加えて、雑誌読み放題サービスもあるのが特徴です。

また課金コンテンツではありますが、新作映画やドラマ、漫画などを見ることができるのもU-NEXTの大きな強みですね。

特に新作映画が豊富で、この前劇場でやっていた映画がもう配信!ということも多いです。

新作映画をレンタルショップに行って借りるのが面倒な人はU-NEXTを選ぶことが多いのですが、新作映画が「AppleTV+」でもすぐ配信されるようにならないと、U-NEXTとは戦えなそうです。

 

dTV

月額500円(税抜)と安価なのに、コンテンツ量は豊富で優秀な動画配信サービスです。

オリジナルコンテンツも面白いものが多く、格安料金で動画配信サービスを視聴したい人には最適ですね。

ただし海外ドラマには弱く、画質もあまり良くないのがデメリットなので、この辺に不満がある人は「AppleTV+」に乗り換える可能性もあります。

とはいえ、他の動画配信サービスでもその弱点はまかなえるので、「AppleTV+」を選んでもらえるかはわからないですね。

 

【まとめ】「AppleTV+」は他社に勝てるのか気になるが期待したい!

満を持して発表されたアップル社の動画配信サービス、「AppleTV+」。

今のところ、

  • 優れたオリジナルコンテンツ⇒Netflix
  • 格安なお値段⇒dTVやHulu
  • 新作映画の視聴⇒U-NEXT

と他のサービスですでにまかなえてしまっているので、これらとどう戦っていくのかが見ものです。

アップルがこの動画配信サービスに乗り込んでくるなら、これらを超える優れたサービスを提供しなくてはいけませんよね。

まだ発表されたばかりなのでどうなるかはわかりませんが、Netflixレベルのオリジナルコンテンツを配信してくるなら勝算はあると思います。また、他のサービスに負けない格安料金、もしくは使い勝手の良さ、などでしょうか。

ただ、「AppleTV+」は豪華キャストでオリジナルコンテンツを作ると発表したものの作品の質にいたってはまだ何もわからず、現時点ではコンテンツの質が他の動画配信サービスを超えるとは言い切れません。

特に、豊富な優れたコンテンツを作り続けてきたNetflixと張り合うのはまだまだ先になりそうです。

コケる可能性もありますが、NetflixやHuluにはない独自端末を持っているのは有利なので、爆発すればものすごいことになりそうな「AppleTV+」。

アップル社がどんな動画配信サービスを展開していくか、これから詳細がわかっていくはずなので、楽しみに待ちたいですね!